「まきばのひろば」からトンネルを抜けて「うしの牧場」へ

乳牛の手しぼり体験をするには、マザー牧場入口から「うしの牧場」まで移動する必要があります。

入口から入ってすぐに「まきばのひろば」があります。

緑の芝生にピンクや白の花畑が広がっていて、とても色鮮やかです。

まきばの広場の美しい花畑の写真

まきばのひろばの写真

しばらく道なりに進むと、右手に「うしの牧場」の看板があるトンネルが見えてきます。

うしの牧場につながるトンネルの写真

トンネル内を抜けると、目の前に牧場が広がります。

うしの牧場の写真

イベント時間ギリギリ~!!

何とか受付時間前に「うしの牧場」に到着しました(^_^;)

コロナ対策もバッチリ。二頭の乳牛がお出迎え

コロナ対策ということで、皆さんまずは石けんで手をゴシゴシ。

コロナ対策の看板写真

石鹸で手を洗っている人たちの写真

私たちもしっかり手を石鹸で洗って、順番待ちの列に並びます。

 

乳しぼりの会場まで急いで行くと、すでに多くの人が並んでいます!

乳牛は二頭で、それぞれの列に長い列ができています。

乳しぼり場の写真

長い行列の人々の写真

そして、長い行列を見てたまらず走り出す息子・・笑

長い行列の写真

もうどんなに急いでも最後尾ですけどね(^_^;)

 

順番を待っている間に、飼育員のスタッフの方が上手な乳しぼりの仕方や注意点などをアナウンスしてくれます。

飼育員のスタッフがアナウンスしている様子の写真

息子は、はやる気持ちが抑えられず「まだ?まだなの」と待ち疲れ・・

それでもなかなか順番は回って来ず。

 

やっぱり人気なイベントですね(^_^;)

30分ほど過ぎた頃でしょうか、私たちの順番がいよいよ回ってきました!

 

いざ、体験!!!

初☆乳牛手しぼり体験の感想は?!

順番を待っている間、飼育員のスタッフさんが案内していた上手なしぼり方を何度も練習してイメージトレーニングをしていた息子(笑)

 

最初は親指と人差し指で握ってから、中指〜薬指〜小指と順々に握って絞っていく方法。

上手にできるかな?

乳牛の乳しぼりをしている様子の写真

スムーズに出来ているようで、お乳もちゃんと出ています!

 

それぞれの乳牛にはスタッフさんが付いて、そばで見守ってくれています。

乳牛の乳しぼりをしている様子の写真2

数回手しぼりをしていましたが、練習通りに握ってうまくできたようです(^ ^)v

始めて挑戦した乳しぼりでしたが、上手く出来たのがうれしかったのか息子も大興奮!!

つられて私も嬉しくなってしまいました♪

 

牛さんはずっとおとなしくしててくれて、小さな子供でも安心して体験できました。

 

最後に牛さんと一緒にパチリ☆

乳牛と一緒に写っている写真

得意げな顔でとっても満足そうです☆

 

毎日自分が口にしているもののルーツを知ること。

いろいろな生命をいただきながら生きているということ。

 

普段ではなかなかできない体験を通して、少しずつでも「食べる」ことの大切な意味をわかってくれたらいいなと思いました。

 

初めての「乳牛手しぼり体験」は、大成功でした!!